恋(2ミリオン), https://www.excite.co.jp/news/article/M_on_music_0000354943/, “米津玄師、『ノーサイド・ゲーム』主題歌「馬と鹿」MV公開 “衝動”や“情熱”を120人が表現”, https://realsound.jp/2019/09/post-411181.html, https://twitter.com/noside_game_tbs/status/1264525176261054465, “米津玄師、髪が淡い水色に。新ビジュアル&新曲“でしょましょ”を含む『馬と鹿』収録詳細公開”, https://reissuerecords.net/2019/10/02/%E3%80%8C%E9%A6%AC%E3%81%A8%E9%B9%BF%E3%80%8D%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%81%A8%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%93%E3%83%BCw%E6%9D%AF%E5%BF%9C%E6%8F%B4c/, “米津玄師「馬と鹿」がラグビーW杯を盛り上げる!ハードロックカフェでコラボメニュー提供”, “【今週の一枚】米津玄師はシングル『馬と鹿』収録の3曲で新たな時代の幕開けに何を歌ったのか?”, “https://this.kiji.is/534003905097450593?c=39546741839462401”, https://this.kiji.is/534003905097450593?c=39546741839462401, “オリコンデイリー デジタルシングル(単曲)ランキング 2019年08月12日付”, https://www.oricon.co.jp/rank/dis/d/2019-08-12/, https://www.oricon.co.jp/rank/dis/w/2019-08-26/, https://www.oricon.co.jp/rank/cos/w/2019-08-26/, “米津玄師「通算1位獲得数」歴代単独1位に「馬と鹿」オリコン初週16.5万DLで1位獲得!”, https://qetic.jp/music/yonedugenshi-190821/327848/, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=馬と鹿&oldid=79933130, 「米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃 LIVE Teaser」. 米津玄師の歌声は、エレクトロニックなビートメイキングをふんだんに取り入れた『bootleg』(2017年)以降、個性と表現力をいっそう伸ばしている。 GfK Japanによるダウンロード売上レポートから、2019年6月3日~6月5日の集計が明らかとなり、米津玄師の「海の幽霊」が85,034DLを売り上げて首位を独走している。 6月3日に配信された同楽曲は、アニメーション映画『海獣の子供』の主題歌にもなっている。米津自身の楽曲では初めて映画主題… | しかし、海で怪しい出来事が起こるのも、まさに今ごろのことなのです。 18世紀後半に書かれた随筆集『譚海(たんかい)』によれば、相模のm港には毎年7月13日(今の8月半ば)の夜に船幽霊(ふなゆうれい)が出現したといいます。 それがこの 「海の幽霊」。 米津玄師の代名詞になりつつあるデジタルクワイアを前面に押し出し、波濤の如きメロディに突き抜ける様な歌声とピアノの詩情を乗せた一曲。エレクトロニック・シンフォニーとでも言うべき極上バラードです。 このデジタルシングルチャートにおいて本作は「LOSER」「Lemon」「Flamingo」「海の幽霊」に次ぎ通算5作目の1位を獲得した楽曲となり、米津はアーティスト別の通算1位獲得数で単独1位となった。またダウンロード件数はチャート史上歴代3位、2019年単独1位の数値を記録した。 。Billboard JAPANでは8 … シンガー・ソングライター米津玄師(28)の最新曲「海の幽霊」が、17日付の最新オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキング(集計期間:6月3~9日)で週間売上12.7万DL(126,715DL)を記録し初登場1位を獲得した。 これで、「LOSER」(2018年6月4日付)、「Lemon」(2018年2月26日付ほ … このデジタルシングルチャートにおいて本作は「LOSER」「Lemon」「Flamingo」「海の幽霊」に次ぎ通算5作目の1位を獲得した楽曲となり、米津はアーティスト別の通算1位獲得数で単独1位となった。またダウンロード件数はチャート史上歴代3位、2019年単独1位の数値を記録した。 。Billboard JAPANでは8 … 米津玄師の歌声は、エレクトロニックなビートメイキングをふんだんに取り入れた『BOOTLEG』(2017年)以降、個性と表現力をいっそう伸ばしている。バンドアンサンブルとボーカルがひとつの塊になって飛び込んでくるようなロック系の典型的なサウンドから、各楽器が端正に配置されたすっきりとしたサウンドへと転換したことで、その印象はより強まった。声に重点を置くためにそうしたサウンドを求めたのか、サウンドが変化することで声の魅力が浮かび上がってきたのか。いずれにせよ『BOOTLEG』を経たシングル曲「Flamingo」(2018年)に至っても、その傾向は強まるばかりだ。, 「Flamingo」では、歌唱法のチャレンジとそれを活かすサウンドの整理、さらに意識的に挿入された「素」の声まで含め、楽器としての彼の声が持つポテンシャルを開花させていた。, ということを改めて振り返るのは、ほかでもない、6月3日に配信リリースされた新曲、「海の幽霊」を聴いてのことだ。Prismizerをはじめとする特殊なソフトウェアを用いてボーカルを大胆に変調する、いわゆる「デジタルクワイア」が取り入れられたこの曲。いきおい、彼の声について考えざるをえない。, とはいえ、米津はこれまでにもPrismizer的なエフェクトを使ったことがある。たとえば、『BOOTLEG』収録の菅田将暉とのコラボレーション楽曲「灰色と青」では、メインのボーカルを支えるコーラスが変調されている。少し異なるが、同作収録の「Moonlight」や「fogbound」でも、オクターブ上やオクターブ下へ変調されたボーカルが重ねられ、楽曲に浮き世離れしたタッチを付け加えているのが印象的だ。, そのうえで「海の幽霊」が特に重要なのは、このエフェクトがメインのボーカルのサブ(つまり、歌詞のない「ウー」というコーラスとか、コールアンドレスポンス的なパート)としてではなく、メインのボーカルそのものにかけられていることだろう。, Prismizerのサウンドは、人間の声をマシーンのように冷たくするのではなくて、ひとつの声に複数の声たちを宿らせることで、「私」というエゴを解体するかのように作用する。いわば何者かが声に取り憑くのだ。その意味で「海の幽霊」のボーカルに寄り添うクワイアは比喩的に「幽霊」であるかのようにも思える。「海の幽霊」のきらめきを歌いつつ、電子的に生成された「私」ならぬ声を従えるこの曲は、きわめて豊かなイメージを聴く者に提示する。, 「米津玄師「海の幽霊」レビュー:想像を駆り立てる“声”と“サウンド”の革新性」のページです。シンガーソングライター、映画、主題歌、JPOP、imdkm、海獣の子供の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。. 青く輝く海原と水平線の向こうに浮かぶ白い雲を眺めていると、幽霊だとかお化けだとかは別世界の出来事のように思えてきます。しかし、海で怪しい出来事が起こるのも、まさに今ごろのことなのです。, 18世紀後半に書かれた随筆集『譚海(たんかい)』によれば、相模のM港には毎年7月13日(今の8月半ば)の夜に船幽霊(ふなゆうれい)が出現したといいます。, 船幽霊というと、海で死んだ者たちの幽霊で、船端に取りつき「ひしゃくを寄こせ」と言う話がよく知られています。何人もの幽霊が海中より手を伸ばして「ひしゃくを寄こせ」「ひしゃくを寄こせ」と言うので、恐ろしさのあまりひしゃくを与えてしまうと、ひしゃくは幽霊の数だけ増えて一斉に水を注ぎ込まれ船が沈没してしまう、という話です。, 幽霊たちは仲間がほしくてそんなことをするので、船には底を抜いたひしゃくを積んでおかねばならないといいます。底が抜けたひしゃくでは水がくめないので、幽霊はあきらめて消えていくというのです。, 『譚海』によると、M港には篝堂(かがりどう)という建物があったそうです。おそらく灯台のような役目を果たしていたのでしょう。, この篝堂には7月13日の夜に海で死んだ者の幽霊が決まって現れるので、その霊の供養のため数十人の者たちが篝堂に集まって一晩中念仏を唱えることになっていたのですが、それでも幽霊は出現したそうです。, その夜、一同が篝堂の中で鐘太鼓を叩きながら念仏を唱えていますと、沖に大きな船が不意に出現しました。, 船はどんどん岸に近づいてきて、ついには篝堂近くの岩場に激突して、轟音とともに砕け散りました。堂にいた人たちが驚きおびえていると、バラバラになった船体の中から数十人の幽霊が這い出てきて、篝堂へと駆け寄ってきた、といいます。, 『譚海』は篝堂で念仏を唱えていた人たちがその後どうなったのか述べていませんが、無事に朝を迎えることができたのでしょうか。, 江戸時代の文献を読んでみると、どうも船幽霊はこうした幽霊船タイプが多かったようです。19世紀半ばに平戸藩主の松浦静山が書いた随筆集『甲子夜話(かっしやわ)』にも、幽霊船タイプの船幽霊の話が記録されています。それによると――, ある者が城下の沖1里半(約六キロメートル)ほどのところで釣りをしていましたが、夜になったので岸に戻ることにしました。その時、すぐ近くを大きな船が走っているのが目に入りました。, その船は風に逆らって進んでいるというのに、その帆は順風のように膨らんでいました。船首に大きな篝火(かかりび)が焚かれて船上は明るく照らされているというのに、船の上で働いている船員の姿はぼやけてはっきりしません。, 恐ろしくなった釣り人は早く岸に戻ろうとしましたが、舟がまったく動きません。しかも、港への目印にしていた島が見えなくなっています。, その時、同乗していた者が、船幽霊が現れた時は苫(とま、菅や茅で編んだむしろで、船のカバーなどに用いる)を燃やせばいいということを思い出しました。そこで、船首で火をつけてみると、船幽霊は消え、あたりがはっきり見えるようになったそうです。, 気がつくと舟は断崖のすぐ手前で、船幽霊を追い払うのがもう少し遅れていたら、舟は岩壁にぶつかってバラバラに壊れていたところでした。, どうやら船幽霊は火や灰に弱いらしく、燃えさしの薪を投げても効果があったと報告されています。これについて静山は「(幽霊のような)陰の存在は、陽の力をもつ火には勝てないのだ」と述べています。, 大仰な現れ方のわりにあっさりと退散してしまうのが意外ですが、怪異も時代性を反映するのかもしれません。, 8月15日前後の休みをなぜ「お盆休み」というのか?――お盆と七夕とねぶたと竿灯祭の意外な関係~8月の行事を学び直す~, 1960年東京都生まれ。早稲田大学卒業。神道・仏教など日本の宗教史に関わる執筆活動をするかたわら、全国の社寺・聖地・聖地鉄道などのフィールドワークを続けている。著書は『聖地鉄道めぐり』、『秘境神社めぐり』、『歴史さんぽ 東京の神社・お寺めぐり』、『一生に一度は参拝したい全国の神社』(ともにG.B.)『諸国神社 一宮・二宮・三宮』(山川出版社)ほか多数。最新刊『眠れなくなるほど面白い 図解 仏教』(日本文芸社)。, ジャズを中心にしながらも音楽の境界線を砕き、シーンに大きな影響を与え続けてきたGilles Petersonが、ロンドンからヴァーチャルDJセットでStudio Xに登場!, 「Aぇ! 米津玄師 セルフカバー / Foorin NHK みんなのうた 8-9月. 米津玄師 New SINGLE 9 /11 発売 TBS日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」主題歌. パプリカ. 菅田将暉と米津玄師のコラボが再び【Chart insight of insight】, マンウィズ、窪田正孝主演月9ドラマ『ラジエーションハウス』主題歌「Remember Me」MV、全世界一斉公開, GENERATIONS、「Brand New Story」をどこよりも早く披露 平井堅は白塗りダンサー6人と登場 『Mステ』特報が到着, 【深ヨミ】初週売上71万枚超えの嵐『This is 嵐』過去作からの販売チャネルの変化を検証, フラチナリズム、ミオヤマザキ、まなみのりさ、チロル、1-SHINE、海羽、ライブハウスで熱演, 注目のミステリアスSSW、mahinaが新シングル「僕のSOS」発売&SSTVで特集番組が決定. ブログを報告する, 抑圧し、自問自答を繰り返しているのがAメロ&Bメロだとするなら、抑え付けられたその感情を思いっきり解放しているのがサビだと言えるでしょう。, 歌詞は米津氏独自のワードセンス炸裂。ここぞとばかりに外来語を多用し韻を踏んだ詞は思わず歌いたくなる中毒性に満ち、エモーショナルな独特の, ちなみにこの映画が(内容的に)コケたせいで米津=アニメサゲ○ンでは? というあんまりな疑惑が浮上したとか何とか。失礼な、ヒロアカとライオンを忘れたか!, 「この世で生きていく人達を肯定する曲を作ろう」「変わっていく事を肯定したいという思いが凄く大きかった」. 馬と鹿. 「まちがいさがし」。原曲はあの超人気俳優兼歌手の菅田将暉が歌唱しており、2019年を代表するバカ売れ曲として有名です。, 後述の「海の幽霊」同様、デジタルクワイアを効果的に用いたサウンドが特徴的。歌声もところどころでボコーダーを用いており、“生音感”強めの原曲に比べてだいぶ電子的な佇まいです。「パプリカ」もそうでしたが、かなり大胆なアレンジが施されている印象。, 何となくですが、将暉ver.が歌声や歌詞を聴かせる事に比重を置いているのに対し、米津ver.は音を聴かせる事に比重を置いている気がします。, ここらへん、ボーカロイドという特殊な楽器と長年制作し続けてきた米津氏ならではな感じしますねー。歌い手の声に合わせてガラリと曲の雰囲気を変えてしまえる柔軟性、流石っす。, “正しくありたい”という願望は「優しい人」の“正しくなりたい”とほぼ同じ意味合いですが、両曲の印象はまるで逆。自分自身を否定してきた「優しい人」に対し、「まちがいさがし」は間違った自分を肯定する歌のように思われます。さながら『STRAY SHEEP』における「優しい人」のアンサーソングと言えるでしょう。, 「ピースサイン」の“遠くへ行け”でも思ったのですが、近年の米津詞はもっと美しいものになりたい、自分以外の何かになりたいという気持ちが自傷的とすら思えるほどに顕著だと感じます。, 中でも本作『STRAY SHEEP』はそういった曲が多い印象。制作モチーフの一つに宝石があり、「美しくする事は本質的には傷をつける事」と仰っていた米津さんなので、意図的に同じテーマの楽曲を多く収録したと思われます。, 石ころと大差ない原石は研磨する事によって美しい宝石に生まれ変わるが、同時にその石本来が持つ温もりは失われてしまう。それは果たして正しい事と言えるのか。そもそも何が正しくて何が間違っているのか……, 「まちがいさがし」という曲名はそういう意味を込めて付けられたのかと。何かまたふんわりガバガバした考察になっちゃったけど、つまりは、その、名曲だって事が私は言いたい。将暉ver.と合わせて聴きましょうな!, アルバム序盤にアクセントを付けたのが「感電」だとするなら、アルバム終盤に今一度ハイライトを刻み込んでくれるのがこの曲。, 古の時代から米津玄師(ハチ)を追いかけていた人ならば、一度はこういう言葉を耳にし、また自身も思った事があるのではないでしょうか。「米津は変わってしまった。昔の方が良かった」と。, 確かに彼は変わった。ガチャガチャした音は角が取れて洗練され、閉塞的で不可思議な歌詞は普遍的なものになり、ジオラマ的な世界観の影も薄くなった。イキリツイートもしなくなったし万年ベンチ要因の野球選手みたいだった容姿も随分カリスマ然としてきた。青臭さと攻撃的な面がなくなり、すっかり丸くなってしまった。今の米津玄師はそう言われがちです。, まさか29歳にしてこんな詞が書けるとは。同系統の「TEENAGE RIOT」よりも更に青臭く、攻撃性を増した歌詞と音……, ここに来て米津玄師の秘められし“牙”全開。本作屈指のロック・チューン「ひまわり」のドロップです。, トリッキーなギターフレーズとケルト音楽のファクターを持たせたシンセサウンドに乗って突き進むパンキッシュナンバー。, 「ゴーゴー幽霊船」や「しとど晴天大迷惑」など初期のロックチューンに通ずるパワーがありつつ、その音使いは奇妙なほど軽やかでいてビビッド。異国の曠野をあてなく進んでいる様な高揚感と焦燥感を兼ね備えた、切れ味鋭い一撃です。, 思春期真っ只中な歌詞も然る事ながら、これは米津さんの歌声もなかなかに青臭い。ってかメッチャクチャ格好良いです。マジで。, 世間様に対する憤りを思いっきり込めた様な歌声は刺々しく、歌というより叫びに近い。『diorama』~『YANKEE』辺りの歌声にちょっと似ていますが、あの時よりだいぶ表現力身に付いてるもんだからさあ大変。, がなり立てる様な攻撃性、鋭く尖った硬質な響き、勢い良く吐き捨てられる焦燥――米津、全ッ然丸くなってない。むしろトンがってる! アラサーでまだ中二引き摺ってんのか! 全て消えないぜってか? 最高か? 最高だァーーーーーー!!!!, 牧歌的な曲名からは想像もつかない鬼ロック感、切羽詰まった歌声、憧れの存在に対する暴力的なまでの愛をひたすらに叫び散らす歌詞。もれなく全部トガり放題で最高も最高です。「爱丽丝」といい「でしょましょ」といい、米津さん丸くなったよねー昔はちゅーいんがーむしてたわーとかぬかす私の様なミサワオタクの右頬定期的に消し飛ばしてくれるのがほんっと有り難てえですね。, つーか日本を代表するアーティストと言っても過言でないビッグな存在にもかかわらず、「その姿をいつだって 僕は追いかけていたんだ」と歌ってしまえるのが凄いなーと。, 音楽界を照らす太陽ではなく、あくまでその太陽を見据える一輪のひまわりに自分を喩える姿勢。クールに見えてその実誰よりも情熱的に一途に野蛮に“美しい理想”を追い求めようとする精神。良い意味で中二臭く、また青臭い。これだから米津玄師追うのやめらんないんだよねオタクね~~~。, 彼の根底には、今なお十代の頃の憧憬や渇きがあるのだなと思い知らされる曲。米津玄師の米津玄師たる所以にガッツリ触れられます。つくづく最高ですね。, あと「愛したくて噛み付いた 喉笛深く その様があんまり美しくてさあ」って歌詞。情緒的な愛情と獣性溢れる猟奇が綯い交ぜにされててすげー好き。, 表題曲であり、カロリーメイトリキッドのCMソングとして書き下ろされたタイアップ曲です。, 硬質なピアノは澄んだ響きながら緊迫した旋律を奏で、フィルムが回る音はそこはかとなく不吉な趣。歌声も「ひまわり」の鮮やかさが嘘の様に重苦しい。まるで混沌を極めたカタストロフィを前に、聖歌を歌い上げている様なある種の荘厳さが漂っています。, 演劇をモチーフにした詞は古い伝奇小説の様に幻想的。しかし漂う緊張感と先の見えない絶望感には、我々が今置かれている状況にどこか似通うものを感じるような……。, 1番Aメロより。おそらく生きる事を演劇に喩えているのでしょうが、全編通してかなり退廃的な趣。, アルバム構想段階では「Lemon」から連なる玄米大師匠成り上がり漂流記(要約)をストーリー仕立てで魅せようとしていたらしいので、演劇モチーフはそこらへんのアイデアから取ったのでしょうか。, サンタマリアとは聖母マリアの事。つまり迷える子羊を導く存在であり、人間が縋るべきよすがの一つです。それが楽屋にいないという事は、未曽有の災厄に直面し、寄る辺なく右往左往する我々を暗に示しているのではと思われます。, 大変な事が世界中で起こっている。しかしそれでも私達の舞台は巡り演劇は続く。フィルムは巻き戻る事なく淡々と回り続ける。何が正しいかすら分からず私達はただただ迷う……幻想風景をリアル社会と繋げてしまう絶妙な手腕、見事です。, あと狙ったかどうかは不明ですが、サンタマリアって宮沢賢治の『オツベルと象』に登場するキーワードでもあるんですね。『銀河鉄道の夜』をモチーフにした「カムパネルラ」と対になってたりするんだろうか。, 突如として突き抜ける様に開放的な響きと化したメロディ。豊かな情緒を伴って歌われるのは遠い未来へ向けた想い。混沌とした“今”を歌ったのがAメロとBメロだとするなら、誰も知らぬ“未来”の風景を歌い上げているのがこのサビと言えるでしょう。, 誰もが怒っている、悲しんでいる、何処にも行けず迷っている。しかし、結局私達はこの世界で生きるしかない。悲観も絶望も全て肯定し、遥か遠い未来で生きる人々の為に前を向こう。「あの頃はあんなことがあった」と彼らが言えるように。そんなメッセージをこのサビから感じた。ええ……米津さん、聖人過ぎない……? うそだろ……『帰りの会』だか何だかで「生きてて良い事あんまないよね」とかド直球MCかましてオーディエンス苦笑させてた玄師兄貴どこいったの……思慮深さのゲージカンストしてんじゃん……ぱない……, 何がぱないってさー、よくある応援ソングじゃなく、あくまで軸にあるのは空想の物語で、そん中で遠回しに我々の背中をさすってくれてんのがぱないっていう。, ここらへん大衆を導く神の視点ではなく、我々一般ピープルと同じ目線(しかし細やかで深い目線)で世の中を見ている米津さんならではな感じしますね。, 神でもなんでもない一人の人間・一人の迷える羊だと自負しているからこそ、押し付けがましくなく人の心に響く歌が唄える。これは才能というより人柄が為せるワザだよな~。, やる気無さげな電子音と「あなたは間違えた 選んだのは見事ヘタレたハズレくじ」といういかにもアレな歌詞から始まるダウナー指数800パーセントのアンニュイナンバー。, ボサノヴァ&ヒップホップにタンゴのニュアンスをミックスさせた様な音使いはダンサブル、しかし全体的にどこかくすんでおり、重々しいベースラインもあってか実に陰気臭い空気を醸しています。, お通夜系ヒップホップとでも言いましょうか。椎名林檎やBillie Eilish、The Cardigansの「Lovefool」に通ずる女性的な気だるさを感じます。クラシカルなアコーディオンと溜め息サンプリングにえもいわれぬ空しさが漂ってますね。, 曲名にある“Décolleté”とはローブ・デコルテ、つまり胸元や肩を大きく露出させた女性用イブニングドレスの事。華やかな礼装の代表格ですが、本楽曲はまるで華やかさとは無縁。, むしろ、その薄暗い声で滔々と歌われるのは、きらびやかな生活に疲れ切った貴婦人の悲哀の様に思われます。, 二番Aメロより。「クランベリーとパンケーキ」や「でしょましょ」好きならドハマリ必至なダウナー過ぎる歌詞。“自分を肯定する”もしくは“他人を受け入れる”事に重点を置いた歌詞が多い中、異質と言えるほどに「Décolleté」の世界は欝々としており、他人をそっと突き放す静かな攻撃性を秘めています。, 「生きていく事や生活していく事を肯定したい」とか言っときながらさりげなく毒混ぜてくる米津玄師、ホント真っ直ぐなんだか捻くれてんだか分かんないね。, しかしある意味この曲が最も生活を肯定してる気も。普通なら他人に見られたくないであろう苛立ちや憂鬱をこうも露悪的に曝け出せるって、自分の弱い部分を受け入れてないと出来ないだろうし。, それから「アールグレイ」や「マイファニーバレンタイン」など微かにチョコレートとかケーキを連想させる歌詞があるのも興味深い。, もしかすると“Décolleté”は“Decorate”にかかっているのかもしれません。, デコルテ(=華やかな身分)で飾られたきらびやかで忙しない毎日。誰もが憧れる境遇だが、それはその実ヘタレたハズレくじであり、嫌気が差した主人公は内に籠って静かな明日と眠りをただ求める……, 意図せずポップ・スターのレッテルを貼られ、国宝だの神だの持て囃され、ちょっと動きないだけで死亡説流れたり女優に花渡しただけで「けんぴっぴとすずぴっぴラッブラブ~~」とか茶化されたり需要のよく分からないフライデーされたりするどっかのアラサー兄ちゃんの愚痴にも思えますね。まぁ邪推なんですが。, 前曲で示された通り、彼もまた一人の迷える羊。個人的に『STRAY SHEEP』で一番好きな曲です。, 何かと中二中二言われがちな玄師くんが自身の中にある中二病と今一度向き合ってみたゾ! という、背景からして青臭さ800パーセントなステキにクールなギターロック。, 曲名は直訳すると「10代の暴動」。 ズバリ、米津氏が世の10代に向けて放った激アツも激アツなナンバーです。, 情動を揺さぶられるといいますか、意味もなく拳振り上げたくなるといいますか。歌詞の意味云々だのメッセージ性云々だのそういう細けぇ事全部吹っ飛ばして純粋に愉しみたい、曲名通り暴れ狂いたい、そんな曲です。, これは構成が実にイカしてますね~。何やら静かで、しかし滾る様な熱を感じるAメロ&Bメロ、突然ドラムビートが鳴り響き勢いのまにまに疾走するパワフルなサビ。その対比は静と動であり、また理性と本能の関係にもよく似ている。理性によって感情を無理矢理抑圧し、自問自答を繰り返しているのがAメロ&Bメロだとするなら、抑え付けられたその感情を思いっきり解放しているのがサビだと言えるでしょう。, 歌詞は米津氏独自のワードセンス炸裂。ここぞとばかりに外来語を多用し韻を踏んだ詞は思わず歌いたくなる中毒性に満ち、エモーショナルな独特の“青さ”があります。, 「煩わしい心すら いつかは全て灰になるのなら」「その花びらを瓶に詰め込んで火を放て 今ここで」, 個人的に全米津詞の中でもトップクラスに好きな一節。刹那的で向こう見ず、愚かに思えるほど青臭いのに、どうしてこうも格好良いのか。, 蛮勇的な表現とは裏腹に“花びらを瓶に詰め込む”と詩的な表現を用いてるとこも最高っす。, 感情を表に出す事=ダサい、という風潮が根強い只今のティーンエイジ連。斜に構えて冷静なニヒリストぶる坊ちゃん嬢ちゃんはリアルにもネットにもわんさといるのではないでしょうか。, 冷静もニヒルも実に結構。だがちっぽけなサイコロの出目のままに生きるのは嬉しいか。自分はダークホースだと粋がって何もせず不貞腐れたままでいいのか。決死の思いで叫んだ感情を取るに足らないと茶化されたままで悔しくないのか。, カスみたいでも間抜けでも構わない。暴れ狂う様な想いに任せて歌え、叫べ、火を放て。全てが灰になる前に。いや~~~何ともイカしてるではありませんか! 流石、永遠の中二学生時分辛酸舐め続けてきた米津大師匠。吹っ切れた様なその姿、実に爽快で最高に格好良いっす。, 今を生きる全てのティーンエイジにブッ刺さる最上級のエール。私はとっくに成人してもはや干物みたいなもんですが、とてもとても好きな曲です。, 「Lemon」「馬と鹿」を筆頭に、壮大さ溢るる楽曲を度々リリースし続けてきた米津玄師。, それがこの「海の幽霊」。米津玄師の代名詞になりつつあるデジタルクワイアを前面に押し出し、波濤の如きメロディに突き抜ける様な歌声とピアノの詩情を乗せた一曲。エレクトロニック・シンフォニーとでも言うべき極上バラードです。, 昨年公開されたアニメ映画「海獣の子供」の主題歌として馴染み深いですね。ちなみにこの映画が(内容的に)コケたせいで米津=アニメサゲ○ンでは? というあんまりな疑惑が浮上したとか何とか。失礼な、ヒロアカとライオンを忘れたか!(※打ち上げ花火は除く), この曲はイントロからしてヤバいのですが、最もヤバポイント高いのはやはりサビですね。, 大きく波打つエレクトロニックかつシンフォニックなデジタルサウンド、ただならぬ気配のホーン、ほぼファルセットで構成されたポエジーな歌声の重なり――まるで雄大な自然をそのまま歌にした様な、一種の脅威すら感じられる音の波濤。壮大過ぎる。打ち寄せる波に為す術なく呑み込まれる感覚を味わえます。, もう研究者とか軍的なやついらなかったんじゃね? とか部活でトラブってた事解決したっぽいけど一体いつ仲直りしたの? とか野暮い考えの一切が吹っ飛んでったからね。『アンナチュラル』でも思いましたが、玄米曲はタイアップ作品との相乗効果によって魅力が桁違いに高まるからポイント高いですよね。曲はもとより、作品の魅力度まで一気に増すもんな。(※打ち上げ花火は除く), その曲名通り、詩的な表現で以て描写されるのは夏の海にまつわるいくつかの情景。これがまた感傷的なひじょ~に良い歌詞でして。, 個人的に好きなのがこの二番Aメロ。センチメンタルな詩情の詰まった大変美しい歌詞。映画を意識してか、全編通して自然の美を感じさせる表現が多く使われています。, 「潮風の匂い」「星が降る夜」「跳ねる光」「風薫る砂浜」――ストレートでシンプル、しかしハッとするほど美しい詞の数々。その場の匂いや物の質感がありありと感じられるほど、「海の幽霊」の歌詞は繊細でどこか懐かしい情景を呼び起こしてくれます。, 物事の本質的な美を端的に表現するのってかなり難しいのですが、それをさらっとやってのける米津さんはやっぱ語彙の鬼ですね。自然の鮮やかな温みに触れられる歌詞、大好きです。, 個人的にライブで聴きたい曲現状ナンバーワンはコレだったり。この雄大さは是非に生で体感してみたい。聴いた瞬間なけなしの語彙力全部なくなりそう。マジ大切なことは言葉にならない。至言っすね。, 「STRAY SHEEP」のラストナンバーは別になんだって良かった。表題曲の「迷える羊」でも壮大な「海の幽霊」でもレクイエム「Lemon」でもおそらくしっくり来ていた。どれもラストを飾るに相応しい名曲揃い。わざわざ新曲を作る必要もなかった筈。, 最後の曲「カナリヤ」。「この世で生きていく人達を肯定する曲を作ろう」「変わっていく事を肯定したいという思いが凄く大きかった」という考えから制作されたこの曲。ピアノの旋律が美しい“変わりゆく全てを肯定する”バラードです。, 子守歌の様な温もりと合唱曲の様な粛然たる切なさを孕んだメロディライン、歌詞の意味を一つ一つゆっくり噛み締めてゆく様な歌声、「この世に生きていても大丈夫だよ」というメッセージを込めた優しい歌詞。その全てが胸にじんわりと滲み入る。最後のピアノが鳴り終わった瞬間胸に広がる余情は一種の喪失感と言い知れぬ幸福感を伴い、ってかこんなん泣いちゃうに決まってるでしょ。なんだ“歩いていこう 最後まで”って。なんだ“いいよ”って。こんなあたたかで優しい米津初めて聴いたわ。, 「KARMA CITY」でリスナードン引かせてた米津氏はどこへやら。群雄割拠の激ヤバアルバム、そのラストはズバリ“優しさ”と“愛”で締め括られます。, 歌詞で綴られるのは“あなた”の全てを受け入れ、支え、共に生きていたいと強く思う主人公の決意。儚げで物寂しく、閉塞的な空気があるにも関わらず、その詞には強固な意志と覚悟が垣間見える。, 綺麗な感情だけでなく、怒りや失望などネガティブな感情も肯定すると決意しているからこそ「カナリヤ」の主人公は強くあれる。, 全てを受け入れるって言葉じゃ簡単に言えますが、人間そんな美しい生き物じゃありませんからね。今まで知らなかった相手の汚い部分を知れば嫌気が差しますし、共に過ごせば過ごすほど相手も自分も変わってきて愛情も徐々に古びていってしまう。それら全てを受け入れるのはどだい無理な話で、優しさだけでどうにかなるものでもない。人間は変わっていく生き物で、だからこそ決して変わらないものに執着する生き物だから。, けれど「カナリヤ」はそれを分かったうえで相手の全てを受け入れようとする。“あなたじゃなければいけない“と運命的なものに固執せず、あえて“別にあなたじゃなくてもいい“と言い放つ。一見薄情に思えますが、その裏には“誰でもいいからこそ今はあなたを愛していたいし、あなたがどれだけ変わったとしても構わない”という優しさが隠されているのです。, それは最上級の救いの言葉であり、ある意味最も尊い関係性のありようだと思います。“あなたじゃなくてもいい“が空白に隠された上で歌われる「あなたとなら いいよ」はどこまでも優しく、深い情に満ちている。, 今作は「PLACEBO」「馬と鹿」「まちがいさがし」等で“君じゃないといけない”というニュアンスの歌詞が出てきますが、「カナリヤ」を聴くに、それら全てに前提として“君じゃなくてもいい”が隠されているのでしょう。, 故に、相手と出会えた偶然がより一層美しく見える。相手と過ごす限られた時間が何よりも大切に思える。もうさ。語彙力吹っ飛ぶよね。, また“変化を受け入れる“というテーマは「カムパネルラ」にて示された“美しく整える事は本質的には傷をつける事“や「優しい人」「まちがいさがし」の“正しくありたい“にも重なります。, 米津玄師が本作を通じて伝えたかった全てが「カナリヤ」に凝縮されている。まさにアルバムの真髄と言えるでしょう。, 2020年はこれまでの常識が一変した年。誰もが変化を受け入れなければならないと分かっていながら、どこかで変わる事を拒んでいるのが現状です。, そんな中発表された「カナリヤ」は、どの時代の誰の心にも何かしらの思いを掻き立てる歌なのではないでしょうか。今を生きる我々はもとより、10年後、20年後、いやそれこそ1000年後を生きる人々にもこの歌はきっと響く筈。変わる事を肯定する歌でありながら、その本質には何年経っても決して変わらないものが内包されている。そのように思います。, 『STRAY SHEEP』という名の長く短い物語。その終幕はやはり“愛“によって締め括られました。, てなワケで今作もビシィッと己に打ち勝ってくださいました我らが米津玄師。「カムパネルラ」の時点でこれはもしや大名盤では? と思っていたのですが、予感は見事外れ、まさかの大大大名盤だった事が判明致しました。これにはオタクもビックリ。感無量ですね。, 米バムは基本ハズレ曲がないけども、今作はマジでハズレ皆無で最高っしたね。どれもこれもパッと聴いた瞬間「あ、これ好き!」となれる曲ばかり。考察だのメッセージ性だのめんどくさい何かに縛られがちな只今のリスナーに音楽の本当の楽しみ方を教えてくれる、そんな曲が多かったです。, あといつも思うんだけど、米津さんは煌びやかなポップスターではなく、あくまで目線は一人の人間である点がものすごーく良いですよね。スターだけどスターじゃない。でっかいけどでっかくない。どれだけ遠くに行っても根っこはキャスで弾き語りしながら駄弁ってた夜のまま。メッセージ性の強い楽曲が多いせいか、久々に彼と対話している気分に浸れてオタクはまっこと嬉しうございました。, 尺の都合か何かは分かりませんが、今回は曲と曲の間に“隙間“があまりなく、聴き終わった後の余韻にいまいち浸れなかったのがちと残念だったなーと。, 特に「パプリカ」は余韻に浸る間もなく爆速で「馬と鹿」が始まってしまったので初見アレッ? となりました。勢い勝負のロックならともかく、バラード系はもっとタメや空白を作って良かった気もします。, 今作は未だかつてない騒動のさなか突如発表されたもの。何が正しいのかすら全く分からぬ状況下、ほぼ一人での制作作業は相当キツかったでしょうし、ファンに今何を伝えるべきなのか思い悩んだ事もおそらくあったでしょう。, 米津玄師はあまりにも大きくなり過ぎた。だから下手な行動に出る事は許されない。その苦悩の深さは想像に難くありません。, それでも彼は音楽を作る事を選んでくれた。一人の音楽家、一人の人間として迷いながら『STRAY SHEEP』という作品を作り上げた。それは、最も正しい音楽家の姿ではないでしょうか。音楽を作り続ける事、これ以上にファンが喜ぶ事はない筈。, だからこそ、この作品は多くの人間にとっての“救い”になったのではないかと思います。, 音楽は今のご時世不急のものではあるかもしれないけれど、決して不要なものではない。その事を米津玄師は確かに証明してみせた。一人の音楽家として今出来る事をやり遂げた。いつまでも大切に聴き続けたい作品です。, hacht0722さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog

.

インスタ やめた 方がいい 7, ダクソ3 弓 対人 8, ピコ レーザー 三田 市 5, はるか キティ 停車駅 5, インスタライブ 参加 しま した 表示 されない 方法 5, エア ソフト 97 シリンダーヘッド 5, 尿沈渣 扁平 上皮 1~4 10, C言語 最小公倍数 While 33, お互い の強みを 生かす 英語 12, オートバックス ラバースプレー 価格 5, 新 常用国語 改訂 熟語辞典 4, ベル バンド 解散 9, 鈴虫 羽化 失敗 28, 永瀬廉 イチャイチャ 小説 54, デスストランディング 海外の反応 2020 44, ヒプマイ Pixiv パンツ 6, 植物 描き方 簡単 4, 2020春アニメ 評価 感想 7, Won't Wouldn't 違い 8, 炊飯器 Cm 女優 12, 福だるま 金魚 寿命 23, 東戸塚 コ ワーキング スペース 16, 書類提出 依頼文 社外 16, 手編み ニッター募集 2019 6, 中央大学 サッカー部 新入部員 8, 君にはがっかり だよ 英語 32, 崩壊3rd チャプター 10 7, インスタ やめた 方がいい 7, キャタピラー 映画 怖い 6,