夕方からは、SKYPerfecTVのPPVで、PRIDE4 ヒクソン・グレイシーVS高田延彦戦を見る。去年の試合では、第1ラウンド、あれよあれよと言う間にギブアップして、すっかり男を下げた高田だが、今度は通用するだろうか。 格闘技の試合の割に … ①佐山引退から第一次UWF 高田延彦 伝説のヒクソン・グレイシー戦を振り返る「帰りたかったもん、家に」元プロレスラー、総合格闘家でタレントの高田延彦(57)が29日放送のフジテレビ系「ボクらの時代」で、PRIDE.1(1997年10月11日、東京ドーム)で行われた伝説 結構好きでした。PRIDE4迄ですか。, おぉ、生観戦されたのですね。それもなかなかのハプニング付きで羨ましいです(笑)そのスーツ氏、誰だったんでしょうね(笑) UWF勢の新日Uターン(当時の古館アナ調で言えばカンバック・サーモン)は85年の年末。両国国技館の新日プロのリングに上がり、藤原、木戸、高田、山崎らを代表してスーツ姿で挨拶したのは若干26... 【YouTube番組】#20 番組初のリアルツーショット!超一流ホテルに泊まってみた, 「少年隊」✖️「筒美京平」〜80年代アイドル⑫ 1985-1987 初期シングル筒美Worksは傑作揃い. 猪木が言うのは心の弱さだったと思います。, まさにおっしゃる通りです。数々の修羅場を潜り抜けて来たアントニオ猪木だけに、余計に腹立たしかったんだろうと思います。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 大阪万博1970(昭和45)年生まれの男のロマン。主に70~90年代カルチャーについて記憶と共に無差別に書きなぐります。, 1994.07.29 (03) – Rickson Gracie vs. Yoshinori Nishi [VTJ 1994 – Vale Tudo Japan 1994], 1994.07.29 (05) – Rickson Gracie vs. 「プロレスが死んだ日」であり、後に隆盛を誇る総合格闘技イベント「PRIDEが生まれた日」。, プロレスラー 高田延彦がグレイシー柔術 ヒクソン グレイシーとの戦いに挑み惨敗。「A級戦犯」と呼ばれた日を振り返ります。, 「あのとき、私はすでにチャレンジャーの立場にはなかった。だから誰かと闘いたい、誰かを倒したいと考えることもなかった。プロモーターから条件面で私を満足させてくれるオファーが届いた。だからプロフェッショナルなファイターとしてリングに上がり、全力を尽くして闘い、勝利した。試合内容にも満足できたし、東京ドームのような大きな会場で試合をするのも初めてだったからとてもよい思い出になったよ」, ヒクソン グレイシーの幻想は、1993(平成5)年11月に開催された「UFC 1: The Beginning」に遡ります。, この大会はキックボクサーのパトリック スミス、ケビン ローズイヤー、極真空手のジェラルド ゴルドー、伝統派空手のジーン フレジャー、プロレスラーのケン シャムロック、力士のテイラ トゥリ(元・高見州)、プロボクサーのアート ジマーソン、ブラジリアン柔術家のホイス グレイシーの8名による「ノールール トーナメント」。, 「バーリトゥード(なんでもあり)」「総合格闘技」という後に続く源流となった、エポックメイキングなイベントでした。, そして日本でも活躍していたゴルドー、シャムロックら強豪を破り、優勝したのが当時無名だったホイス グレイシー。それも1ラウンド1分あまり、チョークスリーパーによる“秒殺“でした。, そのホイスが試合後のコメントで「兄のヒクソンは私より10倍強い」と発言したことから、ヒクソンの“神話“は始まったのです。, ヒクソンはその後、「シューティング」の創始者 佐山聡(初代タイガーマスク)により日本に招聘され、「VALE TUDO JAPAN OPEN 1994」で西良典、ダビッド・レビキ、バド・スミスを破り優勝。, 翌年の「VALE TUDO JAPAN OPEN 1995」でも木村浩一郎、 山本宜久、中井祐樹を破り2連覇。, 一連の試合での冷静沈着かつ隙のない動き、容赦ないパウンドの獰猛さと必殺のチョークスリーパーで、観る者に戦慄を与えます。, この頃から「400戦無敗」というキャッチフレーズが付き(名付け親は佐山聡氏とも)ましたが、「本当かもしれない」というリアリティがあったのです。, 「考えてみてほしい。私はリオ デ ジャネイロで暮らしていた20代の頃、幾度となくストリートファイトを経験した。柔術の大会では常に勝利していたし、ズールとバーリトゥードも闘っていたから、それなりに顔を知られていたんだ。だから、よく喧嘩を吹っかけられた。グレイシー家に対して敵意を持つ者も少なからずいたからね。」, 自らの団体「UWFインターナショナル」は、新日本プロレスとの全面対抗戦での武藤敬司戦での敗戦にトドメを刺されたカタチで、1996(平成8)年に崩壊。, 後発団体の「キングダム」に高田は参加せず、個人としてヒクソン グレイシー戦を模索していました。, ヒクソンはUインター時代、1994(平成6)年に安生洋二が道場破りを返り討ちにされてからの因縁の相手。, 高田は後にPRIDE代表となる榊原伸行氏(当時、東海テレビ勤務)と二人三脚で、興行、テレビ中継、そしてもちろんヒクソン本人との交渉を粘り強く続けます。, そこに別ルートから、マイク タイソン戦が持ち上がります。タイソンは当時「ホリフィールド耳噛み事件」の直後でボクシング界を追放され、それ以外の戦う場、カネが稼げる場所を探しており、ヘビー級ボクサー トレバー バービックとの対戦経験のある高田の名前が上がったようです。, タイソンと戦えば、世界中に配信され、その収益でギャランティもTV問題も心配なし。そして仮に負けたとしても「タイソンと戦った男」の称号は残ります。, 負けたら何も残らないヒクソン戦より、間違いなくタイソン戦の方が高田にとって「得」なのです。, 高田も一時は完全にタイソン戦に気持ちが固まっていたと言います。しかし、ヒクソン戦交渉の際にイベンターに渡していた「白紙委任状」が仇となり、高田は「裁判を回避する」ためにヒクソンと「戦わざるを得なく」なります。, 高田はヒクソン戦に向けてトレーニングする度にカラダのあちこちが故障し、完全に負のスパイラルに巻き込まれていくのでした。, 「ヒクソンと柔術の試合をやって引き分けたことのあるセルジオ ルイスっていうブラジリアン柔術の黒帯の選手に来てもらった。そしたら来日早々、彼が聞いてくるわけですよ。『タカダ、ヒクソンと本当にやるのか?』。本当もなにも、やるから呼んだんでしょって答えると…ルイスは『殴るな、寝るな、グルグル動き回れ、寝るな』って。おいおいじゃあ俺はどうしたらいいんだってなるじゃないですか。でも彼は大真面目に繰り返すわけです。…まあコーチとしては最悪でしたね。ヒクソンも人間だから思いきり蹴飛ばしてやれとでも言われたら、ずいぶん気分も違ったんでしょうけど」, 実は高田はこの直前、密かに前田日明のリングス道場を訪れ、ヒクソン戦の対策を練ったといいます。そこで奮い立たせた闘志も、ルイスのコーチングで完全に無となり、風邪まで引いて体調ボロボロの状態でリングに上がることになってしまうのです。, 一方のヒクソンは対象的に「タカダの試合テープは見たが、まったく参考にならない。なぜなら、すべてのファイトがフェイクだからだ」と言い放ちます。, 総合格闘家としての実力に底の見えないヒクソンに対し、高田は必要以上に相手の存在を巨大化させてしまい、勝てるイメージがまったく作れなかったのです。, 「PRIDE1」は、高田ヒクソン戦のために用意されたリング。1とついているので当初からシリーズ化される予定、ではなく、当時人気絶頂の「K-1」と同じ意味の「1」なだけ。, 高田のこだわったTV中継も地上波ではなく、まだ加入者も少ないCS放送の、日本では異例の「ペイパービュー(有料放送)」となりました。, 私はこの試合だけのために有料放送に加入する気にはならず、しかしどうしても観たいといろいろと策を練りましたが、結局、リアルタイムで観ることができませんでした。, 高田がアントニオ猪木の直系の弟子であり、武藤に負けたとはいえ、かつての「最強」ブランド 時代の高田復活を信じていました。, ヒクソングレイシーの入場。「ラスト オブ モヒカン」のテーマにのり、全身白装束のヒクソンはたった独りで花道を進みます。その佇まいは神々しくもあり、畏怖に溢れていました。, そして高田がフード付きのガウンに身を包み、「トレーニング モンタージュ)のテーマで入場。脇を固めるのはかつてのUインターの面々。ヒクソンに返り討ちにされた安生はもちろん、団体末期に袂を分かった宮戸優光まで、しかもUWFのジャージ姿…, この入場シーンは感動的で、もう試合を観たくらいに疲れました。思い入れが溢れかえり、期待と不安が交錯し、感情がコントロールできなくなったプロレスファンがほとんどだったでしょう。, リング中央で構えるヒクソンに対し、高田は腰を引きヒクソンの周囲をグルグルと回り続けます。, 高田は得意のローキックを放ちますが、タックルを警戒するあまりに腰が引けていて威力が半減して見えます。, それでも打撃が一発入ればもしかして…そんな期待も虚しく、ついに高田がヒクソンに“捕獲“されました。, テイクダウンからグラウンドに入ると、ヒクソンは高田の動きをすべて見切ったように隙のないムーブを見せ、もはや達人の域です。そして予定通り、腕ひしぎ十字固めへ。, わずか1ラウンド4分47秒。名勝負と呼べる内容ではありません。ヒクソンの完勝、高田の惨敗。, 会場に詰めかけたプロレスファンは、その残酷過ぎる現実に「すごいものを観てしまった」という感情しかなかったと思います。, 高田の歴史だけでなく、力道山以来、長く続く日本のプロレス幻想が、ヒクソンという黒船に木っ端微塵に砕かれた、という衝撃。, かつての師であり、プロレス最強を具現化し続けたアントニオ猪木は試合後「よりによって一番弱いヤツが出ていった」と発言。, あまりに辛辣なコメントには賛否両論ありましたが「負けたのは高田でありプロレスではない」という主旨と捉えると、救われたファンもたくさんいました。, しかし、世間はそれほど優しくはありません。この一戦を境に総合格闘技ブームが起こり、プロレスはリアルファイトを”装う”ことから、脱却せざるを得なくなっていったのです。, こんにちは。

.

カーボ ローディング 大福, スシロー オープン予定 会津若松, Ti Amo 意味 ポルトガル語, ドコモ スマホ乗り換え シニア, F7 カタカナにならない レノボ, Ufj 新札 両替機 店舗, マックスバリュ 宮古島 チラシ, 無添加 美容液 プチプラ, 有楽町 ランチ フレンチ, 古文 問題 サイト, 黒い砂漠 割れたビンの欠片 場所, モンベル サイクルタイツ 評判, 二俣川 バイト ジョイナス, 4年生 漢字50問テスト 1学期 光村, 北陸新幹線 半額 グランクラス, マイクラ レルムズ 入れない Java, 小児 発熱 看護問題, エブリイ バックドア 開かない, Line バッジ 非表示 個別, ジェイコム 録画 ダビング, 野菜室 収納 長持ち, フランス語 形容詞 位置, Mac プログレスバー 落ちる, あなた に 合唱 ソプラノ, Windows7 以前のバージョン 削除,